トラックバックってなんだろう?-2

昨日も、トラックバックについて書いた
そして、書いたことを実行するため、私のブログに届けられた、トラックバックの確認をしていた
相手の記事の中で、リンクが張られていたのは2件だけだった

そもそも、リンクも張らずにトラックバックを送ってくる人はどういう考えで送ってくるのだろう?
トラックバックをするということは、他人のブログに勝手にリンクを送りつける行為であることは間違いないのだ・・・
せめて、コメントで感想と一緒に記事との関連性も残して行くべきではないだろうか?
そして、コメントを残して行く人ならば、トラックバックの意味を間違えているのだろう
相互リンクの手助けであることを知れば、ブログ内で紹介し、トラックバックをしてくれるのではないだろうか?

ようするに
記事の中に、「○○については、△△(ブログタイトル等)でも述べられている」とか、
「△△(ブログタイトル等)では、○○と言っているが・・・」などでもいい
一言、ブログへのリンクであることが容易に分かる書き方で紹介文をつけるべきではないだろうか??

ブログ以外のリンクページを思い出して欲しい
たいてい、バナーやタイトルがあり、そのページの紹介文が書かれている
(アダルトサイトや商業サイトではなく、個人のサイトをイメージしてください)
リンクとはそういうものだと思っている

なぜ、こんなことを書いているのか・・・というと
実は、相手の記事の中にリンクが張られていた2件なのだが・・・
単語の中に埋めこめられているのだ
記事の内容としては、大きなくくりとして考えると、全く無関係ではない
しかし、その単語から私のブログの内容を連想できるものではないのだ
実際、何処に私のブログへのリンクがあるのか、探さなければわからなかった
(2件のうち1件は、リンクの数そのものが少なかったため、すぐにわかったのだが・・・)

また、ブログをわざわざ見に来てくれた人のことを考えると・・・
単語にリンクが張ってあるのをみてどう思うだろうか?
私ならば、
「わざわざ見に来たのに、リンク先とリンク元(単語)の関係が分からないな・・・」
「これから、単語にリンクが張ってあるのを見ても、わざわざ見に行く必要は無いな」
このように思ってしまう

はたして、そんなリンクに対して、「リンクさせてもらいました」という報告を受けて嬉しいものだろうか?

トラックバックについての考え方が書いてあるブログを見つけた
トラックバックについて
トラックバック(TB)について
である

どちらのブログも書かれていることは、私の意見と比べると、ちょっと甘いかな・・・と思うが、基本的な部分では一緒だろう
基本的な部分では一緒というよりも、昨日までの私であれば、完全同意に近いものだっただろう
しかし、それだけでは、何処にあるのかわからないリンクでもOKになってしまうことに気がついたのだ
現在の私の考えは、「リンク+紹介文(又はそれに類するもの)」でOKというものだ

トラックバックは無断で相手のブログに貼り付けるものであること
そして、見に来てくれた人のことを考えると、これぐらいのことはしなければならないと思うのだが・・・

<<追記>>
コメントを受けて、考え方を改めました
今後は、正式ではない使われ方をしていた場合、「お願い」をしてから存続・削除について検討をしようと思っています

今日の一言:現在残っている2件は「トラックバック考察記念」としてそのままにして置く予定です
[PR]
by yong_84 | 2005-11-10 00:00 | 出来事
<< 情報収集手段として・・・ トラックバックってなんだろう? >>